最後は感謝で送りだす【正しいペット火葬と供養の在り方】

ペットと飼い主の関係性を永遠の思い出にする方法

大好きなペットとずっと一緒にいるには~ペットの供養方法について~

二つの骨壺

ペット火葬では料金以外の相談として、骨あげや返骨に関する質問が多くよせられます。長年連れ添った存在であれば、人間同様に扱いたいという気持ちも芽生えるはずです。どのようなペット火葬であれば、手元にお骨を残せるのか詳しく解説していきます。

ペット火葬の後に行なう供養法の種類

ペット霊園で行なう方法
一般的な流れとしてペット火葬を行なった後は、ペット霊園でお骨を安置する方が多いと言えます。骨壺の管理や遺影室の清掃など、しっかりとした体制の元で管理されています。また、定期的に供養祭も行なってくれるので、安心してペットのお骨をあずけることができます。ペット霊園があいている間は、好きに墓参りができますし寂しさを感じることも少なくなるでしょう。
自宅で行なう方法
ペット火葬後に、お骨を自宅へ持ち帰ることもできます。敷地内に埋葬したり、お骨を骨壺に納めて仏壇を作ったりすることで、いつでもペットとの思い出を振り返るこができます。家族同然に手厚い供養を行ないたいという方にオススメの供養方法です。
ペット霊園と自宅で行なう方法
ペット霊園で手厚い供養を望むものの、自宅でもペットとの思い出に触れたいという方も少なくないはずです。そのような場合は、お骨の一部を分けてもらい、骨壺やメモリアルグッズに加工して自宅で供養しましょう。ペット霊園の遺影スペースをレンタルし、定期的に行なわれる供養祭に参加すると両方で手厚い供養が行なえます。

返骨を考えていない場合はペット霊園でお骨を埋葬してもるか、預かってもらうことになります。そうなれば定期的に通うことになるでしょうから、通いやすさが重要になってきます。駐車場スペースの完備、駅から徒歩で数分など墓参りに負担のない距離にあるペット霊園を選ぶことをおすすめします。

ペット火葬の業者に聞いた供養に関するあれこれ

いざペットの供養を行なおうとすると、マナーや知識が足りず困ってしまうという意見も耳にします。そこで、ペット火葬の専門業者に聞いた、正しい供養の在り方をご紹介します。人間の葬式のように厳粛なルールはないので、下記の意見を参考に自分なりの供養の在り方を探しましょう。

ペットの供養に関して知っておくべきこと

ペットの供養はいつ頃まで行なうのですか?
ペット供養の在り方で迷ってしまう方は、葬儀や法事をどうするか、その選択に捕らわれています。しか   し、これらの行事は本来人間が行なうことであり、犬や猫などペットの概念にはありません。従って、飼い主の判断に委ねられています。月に1度、年に1度の墓参りでもペットを想い、弔いの心を持つ限り供養の差はありません。自分が納得する内容と方法、回数で供養を行なってあげましょう。
自宅に仏壇がないのですが、供養はどうやって行なえばいいのですか?
ペットのお骨を納めるスペースがない、このようなお悩みもよく耳にします。自宅で埋葬できず、骨壺を置くスペースにも困ってしまう方もいるでしょう。そのような場合は合同供養でペット火葬を行ない、定期的に行なわれる慰霊祭に参加しましょう。そして、身近な供養として「インターネット霊園」を利用すると、いつでもペットとの思い出に触れることができます。

TOPボタン