ペット火葬後は手元供養の一般化がすすむ

ペットと飼い主の関係性を永遠の思い出にする方法

手元供養について~愛するペットとずっと一緒にいるために~

犬

長い間生活を共にしてきたペットは、家族や兄弟、パートナーのような存在です。ペット火葬を行なったとしても、近くで存在を感じていたいと思うのは当然です。このような考えを持つ方は、「手元供養」でペットを弔ってあげましょう。

手元供養って何?

身近な場所で供養することを「手元供養」と言います。つまり、日々の行動範囲内でペットを供養するという意味になります。例えば、自宅の敷地内に埋葬したり、ペット専用の仏壇を設置したりすることが手元供養にあたります。近年では、お骨を加工してアクセサリーにする方も増えています。ペットの存在をより近くで感じたい、そのような方の間で手元供養が一般化しています。

手元供養には様々なメリットがある

手元供養のメリットは様々ですが、大まかに分けると次の3つになります。 ①精神的 ペットの存在をいつでも思い出せるので、精神的な安定がはかれます。ペットの死後、ペットロス症候群に陥る飼い主が多いので、喪失感を抑えるために有効な供養方法だと言えるでしょう。 ②時間的 仕事や家事に追われていては、ペットの墓参りも簡単には行けません。また、ペット霊園に通うためには、時間を確保する必要があります。しかし、手元供養であれば時間的な制限から解放され、好きな時に好きなように供養することができます。 ③金銭的 ペット専用の墓や、納骨堂のレンタルには費用が発生します。近年では、人間と変わらない費用が発生しており、場合によっては家計を圧迫することになります。その点、手元供養は自由にグレードが選べるため、出費を最低限に抑えることもできます。

手元供養の保管方法

仏壇
《費用平均1,500円~150,000円》卓上サイズの品が一般的ですが、和洋折衷関係なく選べるデザインが人気となっています。部屋に飾るインテリアの一部として選ぶと、違和感なく飾ることができるでしょう。
骨壺
《費用平均4,000円~100,000円》ペットのお骨は、片手サイズの骨壺に納めることができます。陶器製、木製など素材やデザインは様々です。ペットのイメージ合せて選べば、納得した手元供養が行なえるはずです。
遺骨ペンダント
《費用平均3,000円~200,000円》ペットのお骨や体毛の一部を、ペンダントトップに納める手元供養も人気です。この種類のメモリアルグッズはデザイン性も高く、着用シーンを選ばずに身につけることもできます。

TOPボタン